消費者金融申込み前のカシコツ

当サイトの名前「カシコツ」はお金を借りる前に
賢く借りてほしいという 意味合いを含んでいます。

みなさん、消費者の方がお金を借りる 消費者金融参考データ
(以下にてリンク) を見て頂くとわかるとおり、
約14.2兆円という凄まじい貸付残高があります。

利用者数からみても実数とは少し離れている気もしないでもありませんが、
1400万人という数は、単純計算で10人中1人以上が消費者金融サービスを利用している
という計算になります。
消費者金融からお金を借りるべきなのか?と考えている方やこれから借りる検討を
している方に借りるなら賢く、また賢く精査して借りなくても済むかもしれない
ということをこのサイトでは解説していきます。

参考データ:貸金業法等の改正について - 金融庁[PDF]

まず本当に消費者金融から借りる意味があるのかを考えましょう

お金ははっきり言って、魔力を持っていると思います。
絶対に自分は大丈夫と思っても、
借りた後に後悔する人も多いのは 事実です。

消費者金融は上記でも説明したとおりお金が巡っていますので
たぶん 国的にも完全廃止することは避けたい
事業分野なのだと思います。

たぶんというか絶対そうだとは思いますし、実際に賢く利用する方も
いますので、サービスとしてはなくてはならないものにはなっています。

間違った借り方とはなんでしょうか。これは無駄に借りることだと思います。
借りなくてもいいものを借りる。例えば競馬などに使う為に借りるなんて
もってのほかでしょう。

何かの人間づきあいや、どうしても給料日の前にすべきことがあるという時に
借りるの方の方がどう考えても賢い借り方といえます。
まず借りる意味があるのか?しっかり考えてから借りて下さいね。

参考データ:即日融資は“アレ”で決まり!ランキングは?話し合いの結論は?

借りる意味があると思った場合

借りる意味があるよ!そんな変なことではなく
人生に役立つことに対して今どうしても必要なんだ。という場合は
自身の目的から借りることを検討してみてはいかがでしょうか。
いついつまでに返すですとか、数万円までとかであれば一定の期間内だけですが
無利息で貸し付けを行っている業者なども存在します。
何度もお世話になる予定はないよ。という方はそういったものを利用してしまいましょう。

以下のようなページも用意しています。
金額的な設定が決まっている場合は参考にしてください。

消費者金融で60万借りる場合
消費者金融で5万円借りるなら